外科手術と矯正歯科治療を併用する場合とは

###Site Name###

矯正歯科治療は大きく2つに分けることが出来ます。


1つ目は、専門の矯正装置を歯に装着することにより、歯並びを正しくするという方法で、矯正歯科治療というと一般的にこの方法を思い浮かべるという人が多いようです。しかし、場合によってはこの治療法では十分に歯並びを整えることが出来ないという場合には、外科手術を行う場合もあります。
外科手術と矯正歯科治療を併用することにより、噛み合わせを正しくすることが出来るということはもちろんのこと、顔のイメージを変化させることも出来ます。
外科手術が必要となる場合としては、著しい骨格的なズレが見られるという場合です。

一般的な外科手術の流れとしては、まずどのような矯正歯科治療が適しているのかという診断を受けます。



その際に、従来の矯正装置を使用した治療法だけでは不十分であった場合に、外科手術を受けることになります。

All Aboutの情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

外科手術は入院を伴う場合がほとんどで、その平均日数は2週間程度と言われています。手術にて、骨格的なズレを正した上で、矯正装置を使用した治療を行います。この期間は個人差がありますが数年程度必要となる場合もあります。



治療完了後は、噛み合わせが元に戻らないように保定装置を使用します。また、外科手術でプレートを埋めた場合には、矯正歯科治療完了後に除去する場合もありますが、行われない場合もあります。治療期間や方法については、医療機関によっても異なりますので、確認するようにしましょう。