小児歯科と虫歯から守るブラッシング

###Site Name###

小児歯科では子供たちの歯の病気を治すのと共に、虫歯などの予防にも力を入れています。子供のころ虫歯になってしまうと、永久歯がむし歯になる可能性は高まり、生涯虫歯治療で悩むことにもなりかねません。

虫歯を作らないためには、正しい知識を持ってブラッシングをすることで、子供を虫歯から守ることにもなります。



日本小児歯科学会の研究論文でも、虫歯が3歳までにある子供は、永久歯に生え変わってからもむし歯になる確率は高いことと分かっています。



でも乳歯のムシ歯が、そのまま永久歯にダイレクトに伝染する野とは違います。

虫歯になりやすい環境をつくり続けるのが良くないのです。白い砂糖を含む食品を過剰に食べたり、乱れた食生活や生活習慣は、健康な歯を弱くしてしまいます。

悪い習慣は永久歯になっても変わらないために、歯には虫歯ができやすいですし、歯周病にもなりやすくなります。

小児歯科などでの正しい歯の管理指導を下に、子供の頃から歯に対して関心を持ち、健康にはを維持するための良い習慣を身につけておくのが良い方法です。



子供のうちは親の真似をするのが子供なので、まずは親御さんが歯科の正しい知識を学び習慣として、家族で歯に対しても同じ良い価値観を持つことで、生活習慣の見直しにもなります。


歯というのは一生誰もが使う体の一部ですから、大切にして自分の歯で、一生食事ができる人生にしたいものです。


子供が小さなうちは、親が丁寧に子供の歯を磨いてあげましょう。

だんだんと正しい歯磨きを覚えさせて、たくさん褒めてあげるといいです。