インプラントと義歯、差し歯

###Site Name###

歯医者さんに行くとインプラントのポスターやパンフレットをよく見かけます。

歯をなくしてしまった時の治療法というくらいは知っています。

でも、入れ歯やブリッジとどのように違うのか詳しく説明しようと思うと悩みます。

また、このインプラント治療と似た感じの差し歯もあり混乱します。

ではいったい、義歯や差し歯と何がどのように違うのでしょう。

入れ歯やブリッジは、なくなってしまった歯の変わりに、プラスチックや金属で人工的に作られた歯を歯茎や他の健康な歯で支えて補う治療法です。



入れ歯は、装着時の違和感や、痛みがともなうこともあります。

ブリッジは、支えとなる健康な歯を削らなくてはならず、また支えとしての負担が大きくかかります。

4meeeは人気のテーマです。

どちらも食べ物が挟まりやすく、口内が不衛生になりがちです。


差し歯は、もっとも大きな違いは、治療する歯があるかないかという点です。差し歯の治療は、もともと生えている天然の歯に歯根が残っている場合に施行される治療です。


この歯根に金属やプラスチックでできた土台を取り付けて人工の歯を作ります。

したがって、歯の根が存在しなければ装着することができません。

一方インプラントは、入れ歯やブリッジで補う時と同じように、歯根が存在しない場合に施行される治療方法です。

もともと歯があった場所の顎の骨に、チタンでできた人工の歯根を埋め込みます。これを土台にして人工の歯を被せる治療技術です。チタンは骨と結合する性質を持っているため、しっかりと固定されるので、歯がなくなる前と変わらぬ噛む力を取り戻すことができます。



また、もっとも審美性に優れている治療技術でもあります。