水漏れ修理特集
2020年3月12日 トイレの2大トラブルのつまりと漏れの原因

トイレの2大トラブルのつまりと漏れの原因

トイレのトラブルと聞いたとき、タンクからの水漏れや流れが悪くなったり、流れなくなる便器のつまりをイメージする人も多いのではないでしょうか。

どちらのトラブルも起きるとやっかいですし、特に流れなくなるつまりはトイレを使えなくしてしまうものなどからもパニックになってしまう人も多いといえましょう。そもそも、これらのトラブルがなぜ起きるのか、その原因や理由を把握しておけばパニックにならずに済みますし、専門業者に依頼をしなくても自ら修理を行えば部品代だけで済むことも少なくありません。

タンクからの水漏れの原因は、タンク内部の部品が機能していないなどの理由が原因になっているケースが多いようです。例えば、タンクの底には開閉弁がありますが、ここにはゴム製のフロートバルブと呼ぶ部品があり、レバーを回したときにフロートバルブが上に持ち上げり水を便器に流す仕組みを持ちます。このとき、フロートバルブがしっかり閉まっていないと隙間から水漏れが生じてしまうなど、フロートバルブの交換や取り付けのし直しなどでトイレの水漏れを直すことができることも少なくないのです。

つまりにおいては、大量のトイレットペーパーを流したときにも起こることがあるのですが、長く使っていると便器内部の排水路が狭く、異物が引っ掛かりやすくなります。この状態は長期間の中で起きるものですから最初の内は流れが悪くなる、状態が悪化すると流れなくなるつまりに発展します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *