水漏れ修理特集
2020年2月9日 よく起こる水回りトラブルの水漏れとつまり

よく起こる水回りトラブルの水漏れとつまり

長く同じ住まいで生活していると、水回りのトラブルはつきものです。

新築から10年程度経過すると、様々なトラブルが発生するようになりますが、その多くは消耗部品の劣化が原因なので、本来はトラブルと言うほどでもないのです。消耗品は定期的な交換が必要なものであり、交換さえすればそのトラブルは止まります。一番多い消耗品の劣化によるトラブルは水漏れです。水道の蛇口やシャワー、トイレや給水管のボルトのつなぎ目など、ゴムパッキンを使用しているところから水漏れは良く起こります。

消耗部品であるゴムパッキンさえ取り換えれば水漏れは止まりますので、修理も比較的簡単で修理費用もそれほどかかりません。修理会社には頼まないで、自分で修理してしまう人も少なくありません。また、つまりも多く発生するトラブルの一つです。キッチンやトイレ、お風呂など、徐々に異物が混入しつまりを大きくさせていくこともあれば、トイレのつまりのようにトイレットペーパーの使い過ぎなどで一時的につまりを引き起こす場合もあります。

つまりの原因によって、対処の仕方が異なりますが、排水管がどろどろな状態で、悪臭を放っているようなら、パイプクリーナーで一度綺麗にしてみることをおすすめします。トイレットペーパーでトイレがつまってしまった場合は、ラバーカップで水を攪拌してやれば、たいていは直ります。自分でうまく修理できない場合でも、専門の修理会社が多数あるので安心です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *