水漏れ修理特集
2020年1月18日 浴室のトラブルの中でもつまりはスピード解決が重要

浴室のトラブルの中でもつまりはスピード解決が重要

浴室の水のトラブルは、水漏れとつまりの症状があり、ユニットバスでも在来工法の浴室でも、水漏れは緊急性が低い現象が主ではないでしょうか。

蛇口からの水漏れの場合、ハンドル部分や先端のパイプ、本体の接続部分が該当しますが、浴室という場所故に多少の漏れは住宅自体に被害を大きく与えるものではありません。トラブルの中でも緊急性が求められる症状はつまりの問題があり、こちらは放置すると症状が悪化してしまい、手遅れになる可能性が出てしまうことがあります。修理を引き受ける専門会社に任せる方法であれば、復旧させることは不可能とは言えませんが、浴室の場合はつまりのトラブル自体は少ないものです。

頻度の少ない中で起きてしまうつまりには、既に配管内部が異物で塞がっている可能性があります。汚れや異物等を取り除くには、既につまっている場合は薬剤では対処は難しく、ワイヤーブラシを用いて直す方法が考えられます。一般的な浴室の場合は排水管はA50の規格が主に使われていて、決して太くはありません。ワイヤーブラシで異物を流すことができたり、手前に引き出すことができた場合は、専門会社ではその後に配管内部を徹底的に綺麗にする作業を行えます。

もしも、通常の方法でつまりを解消できない場合、最悪な結果は床面を壊す作業が必要です。在来工法の浴室では修復しやすいものですが、ユニットバスをお使いの浴室では修復することが難しい状態になります。そのため、浴室のトラブルはスピード解決を目指すことが必要です。自力解決を試みる際には、余計に配管内に異物をつまらせてしまうことが無いように注意が必要です。少しでもリスク回避をするには、水回りのトラブルの専門会社に任せる方法が最も安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *