水漏れ修理特集
2020年1月12日 普通の洗面台のつまりトラブルは焦る必要はありません

普通の洗面台のつまりトラブルは焦る必要はありません

戸建て住宅でもアパートやマンションでも、一般的な普通の洗面台を設置している住宅では、つまりのトラブルは意外と簡単に直せる事例が多いものです。

洗面台の場合は洗面ボールの下側にトラップ付きの排水管を設置していますが、多くの家屋で床下の配管も直下に設営されていることが基本です。もしも、洗面ボールでつまりのトラブルが起きてしまった際には、焦らずに下側のトラップ付き排水管を確認してみることが先決です。上の排水口に異物が見える位置で挟まっている場合は、ハンガーなどを利用して引っ張る方法がありますが、排水管内部でつまっている際には同じように針金を使う方法や、ワイヤーブラシを送り込む方法で直せる場合があります。

この方法でつまりのトラブルを解決できない場合でも、やはり焦る必要はありません。下側の排水管は付け根を回すと簡単に外せる仕組みの機種が多いので、思い切って外してみる方法が簡単です。浴室に持ち運んで配管の内部の異物を取り除く方法があり、外した場合は上からも下からでもワイヤーを通すことができるので、大体はこの手順で直せます。

もしも、複雑化している排水管や、自分では外すことができない場合では、自力解決は難しいので水のトラブルを解決する会社に依頼をする方法が安心です。洗面台の場合は、排水管は途中で蛇口が取り付けられているタイプもあり、この蛇口を外す方法でも、ワイヤーの入り口にすることも可能です。どちらにしても浴室やキッチンで代用できる機材なので、焦らずに作業は行え、修理会社もゆっくりと探す方法でも問題は無いと判断できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *